×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




あの「幻のTOY」が帰ってきた!? 
未来科学の力で、出動だ! 「トランスポーター、セットオン。」
キミの手で遊びがワイドに広がるぞ。レッツ・ゴ〜!


 


「キャプテン・レトロ」 は、1960年代に発売された超マイナーな「SFトイ」 であり、

熱狂的な「トイ・コレクター」ですら、そのバリエーションの全貌を把握しきれていない

とされる、 まさに知る人ぞ知る 「幻のコレクターズ・アイテム」 なのだ!



・・・・・・・というのは冗談で(笑)

1960年代風の「ポップなSFチック・トイ」をテーマに、「新た」に製作したオリジナルフィギュアです。
 
あの時代の、どこかチープでキッチュ、それでいて可愛らしい「近未来テイストのオモチャ」を

再現すべくデザインした、「レトロフューチャー・フィギュア」です。



昔、家族でカラーテレビを買ったときに、テレビ屋さんがそのメーカーの

「カンパニーキャラクター」置物を私にくれたんです。

それは、コンゴインコのようなレッドにブルー、グリーンとカラフルな鳥のキャラでした。

プラスチックでできていて表面はツヤツヤ、台座に固定されててテレビの上に飾れるようになってました。

このときですね、今まで持っていたトイとはちがう、台座の付いた「カンキャラ・トイ」との出会いは。

遊ぶためのものではなく、飾って眺めるものなんだな〜って。



今回の「キャプテン・レトロ」のコンセプトは

カンパニーキャラのような「雰囲気」を再現すること。つまり台座とセットのような感じ。

そして、近未来の「宇宙服」を着ているんだけど、インチキくさい「キグルミ感」を表現。

ポーズは直立不動で、置物のようなニュアンスを出すこと。

カラーリングはそれぞれの素材のちがいを出してバリエーションにすること。

こんなとこを意識してデザイン、造型しました。



 



このホームページに掲載の写真、文面の無断転載を禁じます。
Copyright 2010 , renovatio lab , all rights Reserved.